2012年04月02日

3月中旬に種蒔きしたホウレンソウに芽立ちが


昨年秋に種蒔きし育っている分に追加

 昨秋にホウレンソウの種を買ったまま植えるチャンスを逸したものが4袋あり、それを全部植えて発芽を待っていた。発芽保証期限から2年も過ぎたような種があったりするので、順調に育つわけがない。1袋は全然は芽が出ない。2袋は1割くらいの発芽があった。1袋は8割の発芽があった。

  今までホウレンソウは畑のアルカリ化が面倒なので殆ど植えてこなかった。それが原因で種が残ったのだ。買うときは植えるつもりで種を買う。実際は石灰などがなかったり、畑が空いていなかったりのミスマッチが重なってこんなことになった。

  秋に蒔いたのだが、秋も遅かったのでトンネル栽培でもしなくては育たないと思っていたが、そのまま露地栽培をした。なかなか発芽してくれなかったが、寒い冬に発芽した。育ちも悪く冬の間殆ど成長はなかった。ところがここに来て見違えるように大きくなるのが早い。

  この発芽しなかったところと、空きスペースに改めてこの春種蒔きをした。今回の種が新しいのと、春もだんだん暖かくなったせいで発芽は良い。しかしこの種でも日照にかげりがある部分(温床の建物による日照不足)が影響したところがある。この部分は春でも発芽が悪いところである。

018.JPG

大きいのは昨年秋の分

小さい芽立ちは今春分

 
posted by 農耕民 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

3月初旬に種蒔きした小松菜、チンゲンサイに芽立ちが


昨年秋種蒔きした小松菜は消えたが

 種袋には3月から種蒔き適期とあるが、今年は大分寒く朝の畑は凍っていた。それでもどうなるのか、発芽があるのか半信半疑で種を蒔いた。昨秋種蒔きしたものは寒さに負けて枯れてなくなった。春はどうなるのかが私の関心事だった。春蒔きは畑が凍っても、春は春、どうにか生き残った。

  どんな時に芽立ったかといえば寒さは厳しいが、雨が降った後などに発芽した。湿り気は発芽のために重要なポイントであることが分かる。今までこんな寒い時期には種は蒔かなかったので、私としても初体験であった。そんな意味で趣味の農業だから、あえて試すようなやり方に挑戦できる。

  小松菜とチンゲンサイのうち、どちらの発芽が良いのかといえば小松菜の方がよかった。少し遅れてチンゲンサイも発芽してきた。今は朝になると少ない水は凍っていることがあるが、これからは凍ることもなくなるので、大方のものが発芽に適したものとなる気がする。しかし原産地が暑い国のものはダメだ。

  もっと早い時期にトンネルで栽培したけいけんがあるが、大きくはなるがやがて花芽をつける。今種蒔きしたのも花をつけるだろう。春の野菜は大体花芽をつける。菜の花として利用するほかないが、花はきれいで風流だが、花芽に力を取られた野菜は美味しくない。この時期の葉物は致し方ないだろう。

017.JPG

左側手前チンゲンサイ

左側向う奥側コマツナ


posted by 農耕民 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

昨日の畑生活はサギの鳴き声でスタート


あのサギの鳴き声は営巣が始まったのでは

 29日夜は畑に泊まることになる。午後8時には布団に入る。普段ならもう2時間は目が覚めないが、この日は午前3時半ごろに目が覚めた。布団に入り直ぐ眠っているので、8時間は良く眠ったことになる。そこで今までと違うサギの鳴き声が響き、これで目覚めたのだろう。

  昨年のサギの営巣は4月13日頃だったので、今年は半月ほど早い。今まで一番早い営巣は3月26日だったので、今年の寒さから言って順当な営巣といえるだろう。こんなに早く目覚めても、やることはある。畑は暗いしまだ早朝は寒い。そこで布団の中で顔や手のマッサージを入念に行う。

  目覚めてから1時間ほど経ったころだろうか、キジの鳴き声が聞こえる。春は色々な鳥にとっても恋のジーズンで、畑の竹やぶの付近は賑やかとなる。それから30分近くたってからと思われるが、ウグイスの声も聞こえてきた。ウグイスは3年位前から少し立ち寄って何処かに消えている程度だった。

  今年は1週間前から鳴き声が聞こえる。1日中鳴き声が聞こえるわけではないが、それでもここで暮らす時間が長くなっているようだ。ウグイスの鳴き声が混じるようになると、次はモズの鳴き声も混じる。最後はスズメが鳴いた。この時間帯になるともう私のマッサージも終わり、起床の6時になっていた。

  昼の時間帯の話は省いて、夕方また驚くことがあった。それは傍を流れる川で水汲みしていたら、川面を2羽のツバメが初めて飛ぶ姿を見たのだ。本日は珍しいサギの営巣の初めに立会い、またツバメの初飛来に驚いた。春を告げるのは桜だけではない、私の春到来でした。

002.JPG
繁殖時期は目立つ場所で


posted by 農耕民 at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。