2012年03月25日

いま温床の中で色々の野菜苗が育つ 1


どんな種をまいているのか (1)

 とりあえずどんな種をまいているのか、自分でもよく分かっていないので再確認してみる。自家用で種を取ったものが3種ある。フルーツトマト、黒トマト、シシトウで、何れも発芽している。特に黒トマトというトマトはロシアで作られているというもので、苗を買った後自分で種を取り、それ以後は自分で苗を作る。

  それだけにこの黒トマトは自分で種から育てている。この黒トマトの話題は後日に譲るとして、次は種を買ったものに移る。昨年春の売れ残りの種を買ったものにナスがある。半額になっていたものだがみんな発芽した。米ナス、ミズナス、千両2号、???(名前を忘れた)の4種類である。

  続けてスープセロリ。これは沢山発芽し総てを露地に移すことができないほど沢山芽が出た。昨年温床で育てたものを露地に植えて育てた。次の種は100円ショップで買った種になる。節なりキュウリ、地這いキュウリも種を蒔いた。ところがこのキュウリのいずれも発芽がない。まだ地温が低いのか種が悪いのかよく分からない。 

 まだ芽立ちがないものに、ゴーヤがある。100円ショップで買った1袋に6個しか種が入っていない。この分は買い足して蒔いた。次にカボチャがある。1袋に4個しか種が入っていないし、種が貧弱だ。これでは生えてくるか分からないそうなので、自分が食べて美味しかった種をとって蒔いた。これらから芽立ちがある。




posted by 農耕民 at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。