2012年03月30日

温床の中では早くも苗の移植が必要に


まずカボチャを移植しなくちゃ

 昨年も温床の中で手狭になりがちなカボチャを、最初に移植した。ところが移植後の置き場が寒くて凍傷にかからせた。一旦こんなダメージを与えると再起は難しい。今年はそんな点に気を配りながら育てなくてはならない。今年はそんな場合を考え、温床の建物に少し余裕を持たせてある。

 
 
つまり、温床がある建物に移植苗を移して育てるつもりだ。少し空間があるので、ビニールで覆うつもりでいる。こうすれば昨年よりかなり暖かい場所になる。カボチャの移植用入れ物は、植木鉢を考えている。露地に植えるのはまだ1月くらい先になるので、少し大きめのものが必要とう。

  次に待っているのがトマトだ。フルーツトマトと黒トマトがそれだ。同じナス科のナスはまだ双葉で移植するまでしばらく時間がある。とりあえずナスは飛ばして、枝豆が3番目だろう。次が葉物のロケット、春菊、レタスになる。この寒さでは露地に植えるのは少し早いので、その時期を待つことになる。

  これから手間を食うが、移植をしたものを温床の中で育てたいものがある。それは白菜である。昨年の経験の上に今年もスタートした。昨年は結球はしたが、遅れた栽培だったのでナメクジ、カタツムリに襲われた。今年は温床の中で大きく育て、後は露地で育てる予定だ。この白菜の最初の移植がある。 




posted by 農耕民 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。