2012年03月09日

温床がやっと完成し,種蒔きも終えた 2


温床内部には保温強化のため更にビニールの部屋を

 余り格好は良くないもののそれでも実質的な役割を果たすものを作った。そんな中で気を使うのがネズミの被害にあわないようにすることだ。野鼠が入り込んではサツマイモを食い荒らす。今のところこんなことにはなっていない。何年も続けてやっていれば、いろいろな問題に出くわす。

  昨年はアスパラをこの温床に蒔いた。総ての野菜苗が去ったあとこのアスパラを広い温床に広げるように移植した。これで1年物とは到底思えないくらい良く育った。このアスパラ苗を四国にいる兄弟達に分け、これで遠くにいる身内とも交流が深まった。アスパラ苗はそう簡単に育たないので喜ばれる。

  今年は少し温床の面積を広げたので、色々な苗を育てることができる。自家採取の黒トマト、フルーツトマト、それに100円ショップで買った種、それに1年越しになった昨年の種を園芸店で安く買った種などを蒔いた。色々な品種が欲しいが、沢山はひつようない。その点100ショップは有難い存在だ。

  自分でも苦笑するのだが、ナスは4種類も種を蒔いた。その上昨年買い置きしてある種が2種類出てきた。そんなにナスを作ってどうするの! という問いかけが自分自身に降りかかる。今それでもナスはミズナスが作りたい。昨年は土中にブルーシートを張って水を蓄えるような装置を作った。

  ナスも連作障害が起きるのではないか、そんな壁があるので思惑通りにはいかない。そんなことを楽しんでいるというのが落ち着く先だ。この温床の建物の中に更にビニールで覆う植え場所がある。毎回畑にいくと水やり、草取りが毎日の日課だ。葉物がすばやく発芽することを初めて知った。

        011.JPG      012.JPG
    温床小屋の内部を更    約20種の種を蒔く    
        にビニールで覆う





     
posted by 農耕民 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。